屋根工事

あなたの生活の命を守る屋根工事のプロフェッショナル

屋根の役割を考える

屋根ほど、過酷な条件にさらされる部分はありません。強烈な太陽熱、紫外線は、そして豪雨に台風、いやおうなく屋根をおそいます。風雨から建物を守る。建物を使う人を快適にする。

もっと屋根の事を考えてほしい。「あなたの生活と命を守る-屋根」

内部に雨が入らないか? 濡れによる腐食は?
強風・突風に耐えられるか?
日射 熱、寒さに耐えられるか?紫外線に負けないか?
結露は大丈夫か?

等々様々な自然との闘いがある。そして、近年は耐震性の問題で軽量化も必要である。

カラーベスト コロニアル施工例-1
カラーベスト コロニアル使用例-2

「ガルバリウム鋼板の屋根」の特徴

1.雨漏りに強い。

長尺材が可能な為、継ぎ目を極端に少なくできます。それを職人が手加工でジョイント水密性を高めます。

2.長持ちします。

サビに強い。腐食に強い。アルミ合金メッキのガルバリウム鋼板に耐食性が大幅にアップ!塩害や紫外線にも強く、通常のトタンより3~6倍の耐久性があります。

3.タフで丈夫です。

船や車や機械に使われている「金属」。素材としての強さは誰にでも認められています。

4.シャープで美しい。

金属特有の直線的シャープさはもちろん、塑性加工性を生かした湾曲加工まで自由自在。その色合いも豊富です。

5.耐震性抜群、軽量です。

ガルバリウム鋼板の屋根は、工場によく使われている波型スレートと比べれば重量はわずか1/4。一般住宅の瓦の場合とくらべると、なんと1/5~1/7の重量です。象1頭が乗っているか、いなか。だから、古い建物ほど柱や基礎への負担が大きいです。

6.環境にやさしい。

鉄はリサイクル素材です。だから、環境性も抜群。また、近年問題になっているアスベスト入り波型スレートも剥がさず、壊さずカバー工法で封じ込めれます。近隣や工員さんへの被害もありません。

 

屋根材:立てハゼ葺(ガルバ鋼板)

立てハゼ葺は長尺屋根材ならではの信頼性。緩勾配でもジョイントレスだから雨漏りゼロ。ガルバ鋼板だから、超軽量、頑丈、しかもエコ

屋根材:立てハゼ葺
屋根材:ガルバ鋼板

暑さ寒さ対策をお考えの方は、これに『ECO遮熱工法』を加えてさらに省エネ率UP!

 

その他、屋根材のご紹介

屋根材:横葺・段葺・アポロルーフ

横葺・段葺・アポロルーフとは金属板を成型し、横方向に葺いた屋根を指し、和風の屋根にもよく似合います。
最近ではガルバ鋼板という、鉄板に55%アルミ・亜鉛合金(アルミ55%+亜鉛43.4%+シリコン1.6%)をメッキした耐候性に優れている材料を使用します。

屋根材:横葺・段葺・アポロルーフ使用例
屋根材:横葺・段葺・アポロルーフ施工例-2

 

カラーベスト コロニアル

軽量スレート瓦屋根のスタンダード商品です。住宅から大型の建物まで、幅広い用途に使えます。

カラーベスト コロニアル施工例-1
カラーベスト コロニアル使用例-2

 

折板 ルーフデッキ

鉄骨(木造)梁の上に、タイトフレームと言う金具を溶接で取付け、その上に折板を一枚ずつ葺いて金具で止め、最後に馳締めと言う方法で折板相互の結合をします。
垂木、野地板を使用しないので、短工期、ローコストで仕上がります。
この屋根は、緩勾配の屋根、大型物件等工場に多い仕様です 。40m、50m~とウルトラロングサイズもOKです。

折板 ルーフデッキ施工例
折板 ルーフデッキ 工事の様子

 

一文字葺

平板葺き(ひらいたぶき)の一種で、平板を屋根面の水平方向に一直線になるように、また、千鳥目地でジョイントする葺き方。
長方形の金属板を、四方子ハゼとして、金属同士を引っ掛けながら葺きあげます。主 に、銅板葺きなどの金属屋根葺きに用いられる葺き方で、一文字瓦と併用して軒先をスッキリと見せる場合に多用されています。

一文字葺施工例-1
一文字葺施工例-2

 

天然石粒鋼板屋根材 メトロタイル

世界80ヶ国以上で支持されている、超耐久&高強度屋根材「メトロタイル」
オガサは施工代理店です。高耐久性鋼板を天然石粒でコーティング。有害物質から屋根を長期に亘って美しく保ちます。

天然石粒鋼板屋根材 メトロタイル 施工例-1
天然石粒鋼板屋根材 メトロタイル
天然石粒鋼板屋根材 メトロタイル施工例-2

 

■抜群の性能表

抜群の性能表

■断面構造図

断面構造図

 

住宅屋根リフォーム 葺き替え

既存瓦屋根を撤去し、金属屋根にリフレッシュ。瓦の1/3~1/5の重量で、地震にも安心。しかも、ガルバ鋼板だから耐久性抜群。

住宅屋根ガルバ鋼板にリフォーム施工後
住宅屋根ガルバ鋼板にリフォーム施工前

 

工場 折板(ルーフデッキ)屋根カバー工法

既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せる工法です。
二重屋根なので耐熱性にすぐれているほか、解体費用がかからずコストが抑えられるなど様々なメリットがあります。
工場の稼動も止めず、短期間の施工です。

工場 折板(ルーフデッキ)屋根カバー工法施工後
工場 折板(ルーフデッキ)屋根カバー工法施工前

 

 

 

ページ上部へ