司牡丹酒造株式会社 5号冷蔵倉庫屋根改修工事

司牡丹酒造株式会社 5号冷蔵倉庫屋根改修工事

高岡郡佐川町 司牡丹酒造株式会社様の5号冷蔵倉庫屋根改修工事をさせて頂きました。
築40年強の既存屋根はカラートタン瓦棒葺き。定期的に塗装をしていましたが腐食が酷く、いたるところで雨漏りが発生していました。これから新商品の冷蔵倉庫としても新たに使用する為、耐久性の高い屋根修理と冷蔵装置の電力量削減できるエコ遮熱工法にて施工させて頂きました。

司牡丹酒造株式会社 5号冷蔵倉庫屋根改修工事

お客様の困りごと

瓦棒屋根の腐食が酷く、最近では台風や大雨以外の少雨でも雨漏りが発生している。古い屋根を撤去して葺き替える事を検討しているが冷蔵倉庫として新たに使用する為、長期に渡って使用できる屋根修理と冷蔵装置の電力量削減も検討している。
この秋から冬は繁忙期になるので内部稼働の影響も極力少なくしたい。

解決策・ポイント

定期的に塗装メンテはしていましたが腐食が酷く、いたるところで雨漏りが発生していました。
特に古い瓦棒に絶対的に発生する軒先からの腐食が問題でした。これからカバー工法と遮熱工法を合わせたハイブリッド工法の「エコ遮熱工法」をご提案させて頂きました。

お客様より

年明けの繁忙期の工事でしたがカバー工法の為、思ったより短工期で工事が進み内部での製造や稼働への影響も無く大変満足です。
これから通年を通して冷蔵設備を稼働させる為、電力量の削減に期待しています。


工事概要

施工場所 高岡郡佐川町 司牡丹酒造株式会社
施工規模 鉄骨造平屋建て 築40年 カラー鉄板瓦棒葺き 764㎡
工法 エコ遮熱カバー工法
使用材 カラーガルバリウム鋼板 厚0.5ミリ
施工期間 約2週間
遮熱使用材 超薄型アルミ製遮熱材「リフレクティックス」
屋根改修工事:前

屋根改修工事:前

屋根改修工事:後

屋根改修工事:後

定期的に塗装メンテはしていましたが腐食が酷く、いたるところで雨漏りが発生していました。

屋根改修工事前

屋根改修工事前

屋根改修工事後

屋根改修工事後

谷樋部分:施工前

谷樋部分:施工前

谷樋部分:施工後

谷樋部分:施工後

谷樋(ステンレス鋼板 SUS304:1.5㍉)は以前付け替えを行っており問題はありませんでした。今回は再利用です。

施工の流れ

施工前

全景

今回は手前側の屋根、5号冷蔵倉庫を施工します。

軒先の状況

谷

谷樋を境に左側が今回の施工。右側は来期以降の施工です。

荷上げの準備

劣化フックボルト

レッカーにて道路から屋根越しに屋根材を吊り上げ、仮置き養生りん木を配置計画を基に配ります。

屋根材荷上げ

屋根材仮置き~運搬①

R16tのクレーンで長さ10m以上の屋根材を道路越しに上げました。事前に高圧電線の養生をし、当日はガードマンも配置し安全作業です。

屋根材の吊状況

屋根材仮置き~運搬②

手前の屋根を越し、奥の屋根が今回の施工個所。レッカーのオペさんから着地が見えませんのでオガサの玉掛け相図者が無線を使い誘導します。

屋根への仮置き

屋根材仮置き~運搬③

全施工範囲にレッカーは届かないので仮置き場を確保し、小運搬します。

屋根材仮置き

屋根材仮置き

仮置き完了。いよいよ施工開始です。

屋根下地施工

屋根施工

冷房効率アップの為、今回はアルミ遮熱シート「リフレクティックス」を敷き込み、その後新設下地の施工です。

ガルバルーフ施工

ガルバルーフ施工

ガルバルーフの施工です。棟から軒先までジョイント無し。軽くて雨漏りに強い。

ガルバルーフ葺き

ガルバルーフ葺き

ガルバルーフももうすぐ施工完了です。

本締め

本締め

屋根本体は仮止め施工で進めてきたのでここから規定値に沿って固定ビスを取付ます。

棟カバー 下地取付

棟下地

止水の為、本体端部を立ち上げ雨仕舞対策を施します。
その後、棟カバーの板金下地を取付ます。

棟カバー取付

棟カバー取付

棟カバーを取付していよいよ完成!カバーの端部は職人さんの現地での手加工です。

完成

完成

棟カバーと本体も完成です。

完成

完成

高耐候材のガルバリウム鋼板で新築時同様に完成しました。エコ遮熱ルーフでの施工ですので冷蔵設備のランニングコスト減少が期待できます。

ページ上部へ