竜巻被害を受けた折板屋根の改修工事

四国運輸株式会社様の旧園芸ホーム屋根改修工事をさせていただきました。
--------------------
2016年秋 突如高知市内で発生した竜巻。
それにより敷地内のテントや出荷場の屋根が剥がれ
建物が甚大な被害を受けました。

このままでは出荷場の荷物は雨風にさらされるし
剥がれかけた屋根が落下して二次災害が起きる可能性も…。

既存の屋根を撤去し、新たな折板屋根を葺く改修工事です。

四国運輸本社 旧園芸ホーム屋根改修工事

折板屋根の改修工事

お客さまの困りごと

急に発生した竜巻で出荷場等の屋根が飛ばされてしまいました。
このままでは雨風による通常業務にも影響が出てくるので修理をお願いしたいです。

解決策・ポイント

竜巻の影響で屋根が大きく剥がれており
飛ばされず無事に見えた箇所も、近くで調査してみると
風に引っ張られて剥がれかけていました。

一度、既存屋根とフレームを撤去し
新たにタイトフレームを取り付け
ガルバリウム鋼板で屋根を施工。

損傷の激しかった東側だけ改修しました、
耐久性も外観も生まれ変わってキレイな仕上がりです。

工事概要

施工場所 高知市布師田 運送会社
施工規模 鉄骨 平屋・700㎡
工法 折板葺き
施工期間 1ヶ月工期
屋根改修工事:前

屋根改修工事:前

屋根改修工事:後

屋根改修工事:後

Before写真の左側、東側の屋根が剥がれ樋が破損していた。

屋根(軒先)改修工事:前

雨樋工事:前

屋根(軒先)改修工事:後

雨樋工事:後

屋根改修工事:前

屋根工事(棟包み):前

屋根改修工事:後

屋根改修工事:後

施工の流れ

施工前の屋根と雨樋

屋根は剥がれ、
雨樋は折れています。

既存屋根の撤去

飛ばされずに残っていた屋根も
剥がれかけていたため撤去しました。

既存フレームの撤去

劣化フックボルト

屋根を葺き替えるので
フレームも撤去します。

タイトフレームの取付

タイトフレームの取付

新たにタイトフレームを取付します。赤く見えるのはサビ止めスプレーです。

レッカー荷上げ

荷上げ

クレーンにて荷上げを行います。安全第一に。声がけ必須です。

屋根葺き

屋根葺き

職人さんたちで協力しながら施工していきます。この日は風が強く、部材が煽られたりと大変でした。

仮締め

仮締め

ガチャを使って仮締めをします。

本締め

本締め

シーマで本締めをします。

雨樋取付け

雨樋取付け

破損した雨樋はじょうごも新調しました。

棟包み取付け

棟包み取付け

剥がれた棟包みも新たに取付けます。

完成

完成

工事完了です。耐久性は強く新しく、外観も美しくなりました。

完成

完成

中から撮影したものです。これで雨風に影響も受けません!

ページ上部へ