オガサ製工【板飾り金物】神社の母屋桁小口包み

【板飾り金物】神社の母屋桁小口包み

高知市内、神社の母屋桁小口包みです。
銅板 0.4ミリを使用
1ヶ所ごとに微妙に形・寸法が違うため、全てを型取り、銅板に移して製作していきます。
端部の飾りは手加工により打ち出し、絞り出します。
また、2~3枚の銅板をハンダ付けでつなぎ合わし、箱状にしました。

工事概要

使用建材 銅板0.4ミリ
工法 型取り⇒平板から手加工で切り出し加工⇒ハンダ付け⇒取り付け施工

ページ上部へ