トラブルを未然に防ぐ【屋根サポート点検】のご案内 - 高知

工事させて頂いたからこそ、ずっと安心してもらいたい

過酷な条件から建物(屋根)を守る

過酷な日射・風雨などから建物を長期間にわたって守ってくれる「屋根」は、建物の外部でも一番傷みが進みやすい箇所です。
1年や2年で急に傷むことはありませんが、5年~10年・・・それ以降と建物は知らず知らずのうちにどんどん劣化が進みます。

劣化や不具合の早期発見は短期少額メンテナンスで済みますが、無点検・無メンテナンスの場合は大掛かりな修理になる場合もあります。

是非! 定期的な点検を受けて頂き、ずっと安心してもらいたいのです。

健診のように安心して頂く

ほとんどの建物が異常がありません。

人の定期健診のように「異常なし良好です!」とお伝えし、安心できるサポート点検。
長年点検を行っていますが、緊急修理が必要な建物はほとんどありません。
きちんとした素材を使い施工していれば建物は急には傷まないものです。
しかし、経年劣化は避けることができません。
定期的に点検を受け、メンテナンスの計画を立てることはとても大事なことなのです。

最新の高所カメラで、安全・スピーディな屋根点検

高所カメラを使い約30分で点検を行います。

以前の点検は調査士が屋根に上がり調査してました。
そして報告は降りてきてから。
お客様と対話しながらの点検やアドバイスが出来ず「いまいち分かり難い」との声を良く聞きました。

そこでオガサでは高所カメラで点検を行います。
手元のライブモニターをお客様と一緒に見ながら屋根の様子を確認できます。
異常が見つかり再調査が必要な場合に、調査士が実際に屋根に上り詳細点検をします。
健康診断と同じです。少し変かな? となれば精密検査。
建物も同じです。

高所カメラ

実際のモニター画像

屋根の状態や棟の細部まで確認

雨樋の中の状態も詳しくチェック

安心の《カルテ》点検報告書

点検報告書

異常がない場合はその場でお渡しします。

点検アドバイス報告書

劣化が始まっています。
そろそろメンテナンスの計画を立てていきましょう。

修繕提案報告書 

早急な対応が必要なので修理方法の提案とお見積りをさせて頂きます。

不具合が見つかってもご安心ください。

近年先にメンテナンスの必要性がある場合や、緊急性がある場合は後日に修繕提案報告書をお渡しし、修理の方法のアドバイスをさせて頂きます。

点検事例

南国市住宅:瓦屋根の点検

築10年の瓦屋根住宅

屋根は特にひどい劣化等不具合は無く、屋根雨水が集中する「谷」や「樋」も異常ありません。ご安心ください。外壁サイディングの目地シーリングの劣化が始まっています。1~2年様子を見てみましょう。


高知市住宅:金属屋根と樋の点検

築18年の金属屋根住宅。

屋根に色あせが確認できますが、ガルバリウム鋼板特有の変化です。築年数を感じさせない良好な状態です。
外壁サイディングの目地シーリングの亀裂が確認できました。メンテナンスの計画を立てていきましょう。

須崎市店舗:金属屋根と樋の点検

築10年の大型金属屋根と樋の点検

1枚の長さが40m以上もある金属屋根を80枚以上葺いている大型店舗。ガルバリウム鋼板製なので劣化はありませんでした。屋根も樋も長尺ですが熱伸縮による不具合もありません。

高知市:山内神社社殿

落ち葉による樋詰まりとすが漏れ

樹木の多い境内のため、屋根に落ち葉が多く積もります。
落ち葉は屋根に積もると雨を堰き止め「すが漏れ」という雨漏りが発生します。定期の掃除も大事です。

高知市住宅:金属屋根と金属外壁の点検

築10年のガルバリウム鋼板住宅

築10年経過した屋根壁がガルバリウム鋼板製の住宅です。
外壁はサイディングに比べ劣化が少なく近年内のメンテナンスの必要性はありません。しかし、メンテ計画は立てていきましょう。

高知市住宅:瓦屋根の点検

築16年の瓦屋根の点検

瓦の塗装が劣化し、棟漆喰も剥がれています。
瓦は再塗装、漆喰は詰め直さないと雨漏りの原因になります。
テラスの塩ビ波板屋根も劣化により剥がれ掛けていますので台風までの修理をお勧めいたします。

南国市住宅:瓦屋根の点検

築18年の瓦屋根の点検

銅板樋の点検に伺っていましたが、同時に屋根の点検も行いました。樋の表面は銅板ですが心材がステンレス製ですので超高耐久、不具合ありません。しかし。瓦の塗装が劣化し基材が見えています。早急な対策をアドバイス。

高知市管理の公園:休憩所屋根の点検

高知市公園維持課へ点検報告。

以前、施工した公園休憩所の屋根。軒先が破損している事を確認し、市役所に報告させていただきました。担当者も全てを把握できていないのが現状で、大変喜んでいただきました。

ページ上部へ