四国・高知(株)オガサ製工の社員紹介です

スタッフ紹介

お客さまの大切な建物に関わる、オガサ製工のスタッフです。
電話やメール、そして直接お話しを伺い、困りごと解決の糸口を導く者、現場で責任を持ち施工を担当する者、工事完了後もお役に立てるように、しっかりとデータを管理する者まで、全員でいい屋根造りに邁進しています。

小笠原 孝彦(おがさわら たかひこ)

お客様に喜んでいただき、その喜びを会社全体で喜ぶことのできる循環を創っていく。これが私の仕事に対する熱意と代表取締役としての役目の一つです。仕事が楽しくなければ、お客様にも伝わってしまい喜んでいただけれません。まず自分達が仕事の目的をよく理解した上で、働くことに対してワクワクしなければいけません。「お客様のために」という上から目線ではなく、「お客様と一緒に」という気持ちで、お客様と喜び合えるように今日も仕事を楽しみながら頑張っていきます。

中谷 武尊 (なかたに たける)

営業工務部長として、主に営業を担当しています。オガサ製工に安心してお任せいただけるように、お客様にオガサ製工という会社全体の案内や充実した保証内容をご説明し、こと細かく記載したお見積りをお出ししています。また、オガサ製工では自主性を重んじる会社です。どうやったら効率よく仕事ができるのか考えつつ、日々の業務を行っています。
休日は、一人の父親として子どもと一緒に遊んで過ごしています。

石川 智裕 (いしかわ ともひろ)

気がつけば、現場暦が長い社員の中の一人となりました。そして現場施工のトップを担う一人として、現場へ行く前の準備や厳格な安全管理などの大事な基本のところを徹底し、傷や汚れがないか・1mm単位で屋根などの細かいところまでこだわり、完璧な仕事を目指して仕事をしています。
趣味は釣りです。娘たちと一緒に、よくイカ釣りへ行きます。

後藤 敦 (ごとう あつし)

仕事をする上で、特に現場へ入る前の準備は徹底しています。最初の打ち合わせの段階から入念に行い、何を準備すれば良いのかということをしっかり把握していれば、現場でもたつくことなく工事を効率よくできるので、「段取り八分」で仕事をしています。
ロードバイクが趣味です。運転しているときは疲れますが、目的地に着いて地面に足を下ろしたときの、達成感が好きでツーリングをしています。

北村 嘉英 (きたむら よしひで)

お客様がどういったご要望をお持ちで、それを実現するためには、どうしたらもっと良くなるのか、もっと喜んでいただけるのかということを念頭に仕事をしています。会社全体の意識もそうですが、自分達で答えを見つけて創造力を高めることにより、技術面なども含めて次の若い世代へと繋げていくことを重視しています。
鮎漁の解禁が近くなると、いつも以上に気分が上がります。

冨田 貴弘 (とみた たかひろ)

下請け・直請けを問わず、お客様にご満足していただくために、さらに良い施工方法があれば、提案をしています。新しい良いやり方を探求するというのはもちろんですが、効率よく綺麗な仕上がりにできる方法を見つけたら、ミーティングなどでオガサ製工社員全員へと広めて全体の技術力をより高めるとともに、「ヒヤリハット」防止に尽力しています。
バイクが趣味で、よくツーリングをしています。

岩川 友亮 (いわがわ ともあき)

品質・スピード・お客様の満足度、この3つをより良くすることを意識して仕事をしています。仕上げがキレイにできればお客様に満足していただけると思うので、3つのなかでも特に品質を高めるために、どのようにしたら仕上げがキレイにできるのかということに集中します。建築業界なので当たり前かもしれませんが、ミリ単位まで気を張ります。
疑似餌を使った海釣りが趣味で、普通の餌じゃなく疑似餌を使った自分の腕で釣ったのだという感触がたまりません。

信高 誠義 (のぶたか せいぎ)

もともとモノ造りが好きで、建築板金という業界に飛び込みました。オガサ製工では、社長とも距離感が近く、現場に行く前には社長から励ましを受けて万全の気持ちで行っています。仕事をする上では「1秒1秒の積み重ねが大事」という考えから、作業の流れを考え動きに無駄を無くし、どうやったら効率よく施工できて、ミスを防止できるのか注意して行っています。
大家族ですが、一家全員で休日はモーニングを食べに行き家族との時間を大切にしています。

竹村 一真 (たけむら かずま)

もともと建築板金の仕事をしていましたが、高知市内へと生活拠点を移すことになり、オガサ製工に入社しました。仕事の「効率」・「スピード」・「出来具合」を重視するのも大事ですが、危険な場所での作業が多いので、安全管理も徹底しています。ちょっと手を伸ばしたら、すぐに終わらすことができる作業でも、安全重視で施工をしています。
暖かくなると、愛車のバイクでツーリングをしに行ったりしています。

和田 純太(わだ じゅんた)

雰囲気は和やかで、仕事には厳しいオガサの雰囲気が大好きです。屋根施工の仕事は1人ではできません。特に、複数で「せーの」と声をかけながら安全確認、力を合わせての現場の仕事でそのことを強く感じます。
自分は若手で、技術は先輩から教わりながら習得していくポジションですが、若手だからこそのフットワークと明るさで、楽しく・真剣に屋根造りをしていきたいと思っています。

植田 緑(うえた みどり)

私が担当する仕事は、お客様から頂いた大切なお金を管理することなので、感謝の気持ちを常に持ち続けて仕事をしています。
従業員の人数も増えてきたので、事務員の戦力も増強中です。
休日は雑貨屋巡りをしたりピクニックなどをしたりして過ごしています。

小松 唯 (こまつ ゆい)

電話からお問い合わせをいただいたお客様のご対応など、主に現場へと繋がる事務を担当しています。事務仕事をするなかで、ご対応させていただいたお客様からの正式な受注の書類を見る時が、この仕事のやりがいを感じられる瞬間です。また、現場の職人さん達に気持ちよく仕事をしてもらうために、必要な材料の管理などを抜かりなく丁寧にこなしています。
趣味は愛車に乗って、ドライブやライブに行ったりして、気分転換をしています。

吉本 吏甫 (よしもと りほ)

色々なことを先輩たちに教わりながら、今は社内で使うデータをより効率的に見やすくするための改善や社内掲示物の管理や、WEBサイトのブログを更新するなど、広報をしています。
オガサ製工の社員の一員として安全意識を常に持ち、現場の職人さんが帰ってきたら、とびきりの笑顔で「おかえりなさい」と出迎えています。
車が好きで、休日に洗車をするのが趣味です。
ブログのほう、ぜひチェックしてくださいね!

ページ上部へ