オガサ製工の経営理念(オガサビジョン)

従業員が安心できる雇用を創出し
その企業力を全力で地域社会に役立てる

経営ビジョン

社員自らが「自分達の会社は高知で№1だ!」と誇れる会社にすること。
地域社会から選ばれ、必要とされ、人の役に立ち、それを喜べる企業となること。
技術と知識を価値に変え、それを更なる成長の糧としていくこと。

経営方針

5Sと挨拶を徹底する。
プロで専門家という自信と誇りを持ち、創意工夫と挑戦をする。
自身・仲間・周りのKYを作業前に本気で確認し合う。
その要求の目的を自ら創造性をもって考える。
全てがPDCA。 絶対、回転させる!

仕事の理念

価値あるモノを造り、人々の生命・文化・財産を守る

代表者の思い

「高知で1番になる!」

これが「オガサ」全社員の目標です。
僕たちの会社は大きくありませんし、決して有名でもありません。 小さな零細企業です。そして、今最もきびしい業界の一つ「建設業界」に属しています。
それなのになぜ「高知で1番」

これは売上でもない、規模でもありません。
「みんなは知らんと思うけど、俺の会社は高知で一番なんだ!」

と、堂々たる誇り・・・この社員のモチベーションこそが「高知で1番」の意味です。

社員に1番と思って欲しい。また社員が1番と思わないで、誰が思うのだろう?たとえば、取引先様又はエンドユーザー様が思っていてくれればOKと普通は思うでしょう。
しかし、社員の心の底で不満があれば、それは意味がありません。また長続きしません。社員が自分と会社に誇りを持てば、必ずお客様へ貢献できます。それも相手の立場に立った、心のこもった気持ちのいいサービスが自然と出来ます。そしてそれを感じたお客様は、必ず大満足していただけるはずです。
そこを共感した社員は「満足して頂いて良かった!やりがいがあった・・・」と・・・感じるはずです。このポジティブな相乗効果循環がいろんな意味でとても大事だと思います。

だから・・・
お客様と直に接する社員に満足感が無くて、どうしてお客様を満足させられるでしょう・・・?

絶対にできません・・・
しかも、このモチベーションを維持するのは決して簡単な事ではありません。

まずはモノ創り屋としての妥協しない技術力。それには常にチャレンジ精神が必要であり、「もっとキレイにできないか?」「もっと効率的にできないか?」「もっとお客様に喜んでもらえないか?」というハングリー精神が重要です。そして、マナーとサービス、当然知識と・安全・健康も無いと成り立ちません。
また、会社としての待遇、アドバイス等のバックアップ体制も、もちろん大事です。このバランスをとる事がとても重要だと考え、そしてそれは「社員力・高知1」に繋がります。

だから、

「高知で1番になる!」
これが、社会に役立ち 社員と会社が繁栄するための「オガサの使命」です。


株式会社オガサ製工
代表取締役 小笠原孝彦

ページ上部へ