雨漏り修理

その雨漏り、完全に止めます!

一般家屋・工場・事務所・ビル・歴史的建造物まですべて!

「あの時の、雨漏りが無かった快適さを約束します。」

雨漏りは建築の永遠の課題です。
近年こんなに科学技術や工業技術、電子技術が高度に発達した現在でも、建物の雨漏りは起こり続けています。
設計士から現場監督や技術職人まで誰でも、最初から雨が漏る建物を造ろうとは考えていません。
それでも尚且つ、こんなに多くの雨漏りが起きるのはなぜでしょうか。

突き詰めていくと、3つの見込み違いにたどり着きます。

①考えつかないような雨水の吹き込み。
②止水を期待していた個所や部材に想定外の欠陥が出た。
③入水処理は完璧だが、万が一の排水処理を考慮していなかった。


①まさかここまで雨がかかるとは思わなかった。予想以上に吸い上げてしまった等、これは経験と読みの甘さが原因です。

②深刻な問題です。そもそも雨漏りを考える方向性が違うので、手の打ちようがありません。建物の揺れや気温変化による伸縮や割れ、紫外線による劣化はこれが原因です。

③よくある欠陥です。止水ばかり考えて、継手など止水性が完全にできないところは逆に排水を考慮しなくてはなりません。

以上のことから、雨漏りには正しい知識と経験がなければ絶対に解決することはできません。
「ある一定の期間が過ぎれば雨漏りは仕方がない・・・」
と、いう考えの建設業者もありますが、本来築10年程度で雨漏りすること事態がおかしいですし、30年以上雨漏りしなくても驚くことではありません。

屋内に雨漏りとして出てくるということは、100%入水していますからそこには必ず原因があります。


建物の事は良く分からないからといって、知り合いを通じて安く直してもらうなんてことは、 決して考えないでください。
雨漏り修理のプロに任さなければ、それはもしかして
「運転免許を持たない人の車に乗る」
若しくは
「資格の無い医者に手術してもらう」
ことと同じかもしれません。

雨漏りの専門家でなければ完璧に直すことはできません!

雨漏りは、大工さんや工務店、リフォーム工事店やホームセンター等々、どこでも直せると思っていませんか?

高知も最近でこそ台風の直撃は少なくなりましたが、建築地域区分では国内でも最も強風と豪雨が過酷な地域の一つとして区分されています。
その高知で45年以上にわたり、地域環境を熟知し培った技術力がある、オガサ製工だからこそ、完璧に雨漏りを止めることができるのです。

雨漏り原因が「分かる」オガサ製工は必ず「直せる!」
そして「止めます!」

諦めないでください。安心してお気軽にご相談を・・・

◆建てた(買った)建築業者が無くなっている。中古で買って修理業者が分からない。
⇒ 他社工事分も大丈夫です。

◆いろんな業者やゼネコンでも直らなかった長年の雨漏りですが。
⇒ プロが直してみせます。

◆建物の事は全く分からないのですが・・・
⇒ 大丈夫です!オガサ製工は専門家です、お任せください。

◆長期にわたり一切メンテナンスしていません。今さらどこに問合せれば?
⇒お任せください! 30年以上ノーメンテナンスの建物が初めて雨漏りが発生して、慌てて問い合わせをしてくれた企業さまもいらっしゃいます。(実は皆さん同じです。)

屋根から始めるリスクマネジメント

雨漏りを放置しておくと、思わぬトラブルが発生します。設備のダメージ、漏電による火災、美観が損なわれる、在庫の損害など…雨漏り修理は、単なる営繕ではありません。企業の信頼性を保ち、高めるためのリスクマネジメントなのです!!私たちオガサ製工は屋根工事のプロ集団です。確かな実績、高い技術を持ったプロが御社の屋根からできるリスクマネジメントをお手伝いいたします。

【原因の追求】雨漏り完璧修理のスタート

「雨漏り」を決して甘く見ないでください

雨漏りの原因としては
建築の老朽化によるもの 元々の設計 施工段階での欠陥
などが挙げられます。

きちんと原因を突き止めずに修理をすると、再発して再修理。挙句の果てには原因が分からず、あっちもこっちも無駄な修理を行って時間と出費が増え、かえって雨漏り箇所が増えたケースも多々あります。
それだけではありません。下地材や内装材も腐食がどんどん進みますし、内部はカビだらけで健康も害するようになる恐れもあります。

天井裏の様子。カビが発生しています。

鉄骨まで腐食しています。

雨漏り修理が「イタチごっこ」になってませんか?

今、雨漏りをして直しても、次は違う場所から雨漏りする可能性が大いにあります。なぜなら、一般的に屋根は同じ時期に設置されたものだからです。同じ時期に、同じ部材で設置された屋根は程度の差はあっても、経年劣化は同じように起きています。
もちろん、雨漏りしている箇所それぞれの個別対応での修理も承ります。そして雨漏りを完璧に止めます。

雨漏り調査のプロ「雨漏り診断士」 「屋根外装調査士」が伺います

原因究明から、適切な処置方法の提案、そして修復工事。雨漏りの専門家のオガサ製工が完璧に発見修理いたします。 雨漏りは放っておくと、どんどん他の箇所まで被害が広がりますので、 早期発見・早期対応修理が非常に重要です。雨漏り調査のプロでないと見つけられないことも多々あります。小さな雨漏りでも、建物内部に大きなダメージがあったりします。安易な判断が後に莫大な被害の引き金になり兼ねません。

【修理施工】建築技術者のトップ「登録基幹技能士」

地元高知の熟練技術者が施工

高知の大雨と台風を熟知している、建築技術者のトップ「登録基幹技能士」が確かな工事・施工管理をいたします。
基幹技能者は、熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者で、 専門工事業団体の資格認定を受けた者です。オガサ製工では高知県で唯一、「3名」在籍しています。

「3つの専門技術」で安心施工

【1】水を切ることで雨漏りが止まります。
水切り工事業=建築板金業⇒オガサ製工は水切り工法に精通しています。

【2】水切り部材をオガサではすべての建物に合わせて、自社工場のプレスにて
オーダーメイドで製作して取り付けます。

【3】意外なことですが隙間から入った水を効率よく外に排出することも、雨漏り防止の一つです。

「雨漏り専門ドクター」としての姿勢

困っている人・企業様の力になれる喜びを実感

オガサ製工では主に工場新築物件の屋根・外壁工事を専門に施工しております。
かつて昭和の時代は住宅がメインでしたが、平成に入り公共建築物や工場・プラントそして神社仏閣などあらゆる新築建築物の屋根外壁を施工、同時に雨漏り修理や増改築リフォームも行っていました。
ところが、5年ほど前、ある一戸建住宅の施主様から直接連絡を頂きました。

「新築時から雨漏りが止まらない。来月で10年になり、保証も切れてしまう。もうあきらめるしかないでしょうか?」
との相談がありました。

建てた業者は直せないとお手上げ、しかも次々に下請業者を変えるが直らない。
その数、約10業者。入れ変わり立ち代り、知らない人が家に来るストレスで奥さんも参ってました。
そこで私に相談があり、調査を行いすぐに原因は突き止めました。
なんと、どの業者も全くの浅はかな考えで「~だろう修理」していたのです。(原因は全く別のヶ所でした。)
そして修理を終え、最初の大雨が過ぎた後、安堵感いっぱいの笑顔でご家族に喜んで頂けました。

「これで雨の日でもリビングで家族団らんができる。ありがとう!」
「もう雨漏りの不安を背負って生きていかなくてもいい。。。」

最初の問い合わせ時に、とても不安を持たれていたご家族の笑顔を取り戻す事ができたのです。

この時、気づいたのです。
雨漏り修理は、困っている人や企業の本当に役に立てる仕事だと。

あらゆる新築物件を施工することで、建物構造・工法を知り、難しい増改築で施工方法を考え抜き、そして、数々の雨漏り修理を行った経験と知識。その数述べ14,000件以上。
だからこそ、雨漏りの事が分かるし、完璧な修理ができるのです。

雨漏りが無い、快適な暮らし業務をして欲しい。

自分達の技術力で困っている方の役に立ち、そして喜んで頂ける。
これがオガサ製工の雨漏り修理への思いです。

雨漏り修理施工事例

経年劣化と熱伸縮による屋根のジョイント部から雨漏り。ジョイント部は屋根は熱伸縮や振動で動きます。そのストレスがジョイント部に集中するのです。

ジョイントカバーを別体ガルバ鋼板で加工し取付ました。その内部処理にノウハウと技術力が光ります。

屋根水切りジョイント施工の不具合「熱伸縮未処置」から接合部切断。そして雨漏り。

金属特有の「熱伸縮」を考慮し、ジョイントカバーを取付。

可動仕様にジョイントカバーをプレス加工し、施工するところがポイント。

さらに、定期的な修理から解消されたいなら・・・「カバーリング工法」

長期ノーメンテナンス屋根はカバーリング工法

雨漏りなど、屋根本体の修理はもちろん、雨漏りに起因する設備の故障・業務の遅れなど長い目でみて考えた時、おススメしているのはカバーリング工法です。カバーリング工法について、詳しくは下記の屋根工事よりご覧ください。

ページ上部へ